blogトップページへ大妻嵐山ブログ
 

flourキーワードで記事検索

 

大妻嵐山中学校・高等学校
Otsuma Ranzan Junior & Senior High School
〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷558
0493-62-2281

 
 ACCESS since2014.5551447
大妻嵐山の日常をお伝えするブログです。
12345
2017/05/19

高3 生物

| by:rika

コハク酸脱水素酵素の実験です。
呼吸におけるクエン酸回路内で脱水素反応が起こっていることをメチレンブルーの変色を用いて確認します。
材料のモヤシをすりつぶし酵素液をしぼるところから、とても楽しそうに実験は進み、メチレンブルーのきれいな青色が一度消え、空気に触れると再び鮮やかによみがえる様子に歓声が上がりました。



12:09 | 理科実験
2017/05/17

高3 生物

| by:rika
タンパク質の代表「酵素」の性質を確かめる実験をしました。
材料はウミホタル。青白くきれいに光る様子に歓声が上がります。
温度条件や酸素条件などを変えて実験。結果を理由とともに予想し、的中すると納得、外れるとなぜそうなったのかグループで議論していました。

12:01 | 理科実験
2017/04/15

高3 無機化学実験(窒素化合物)

| by:rika
今週から授業が始まりました。
高3化学演習クラスでは早速実験をしています。
今日は15族(窒素の化合物)についてです。

水上置換法でNOを捕集し、空気に触れさせて変化を観察しました。

NOにKMnO4を加えると、KMnO4の赤紫色が消えました。
酸化還元反応が起こったようです。

硝酸を冷却しながら濃硫酸を加えた後、FeSO4水溶液を加えます。
すると…

褐色環反応を観察することができました。
16:44 | 理科実験
2017/02/18

高2 ハロゲンの単体と化合物

| by:rika
高2化学選択組は先週から無機化学分野に入りました。
今日は17族「ハロゲン」の単体とその化合物の実験です。

さらし粉から塩素を発生させ、熱した銅線と反応させます。

その後銅線を再びバーナーの炎にかざすと、青緑色の炎色反応を確認できました。

こちらは塩素を水に溶かしている様子。

最後に、ハロゲン化銀の沈殿を日光に当てると、沈殿が黒色に変化しました。

13:49 | 理科実験
2017/02/17

中2 電熱線の発熱量と電力の関係

| by:rika
中2理科です。
今日は電熱線から発生した熱で水温がどのくらい上昇するのかを調べました。
まずは加熱前のくみおきの水の温度を測っておきます。

装置を組み立てたら実験開始。

水をかき混ぜながら、1分ごとに温度を測ります。

後日、実験結果をグラフにしてレポートにまとめます。
11:18 | 理科実験
2017/01/30

中2 電流と電圧の関係を調べよう

| by:rika
中2理科、今日は電流と電圧の関係(オームの法則)を調べる実験をしました。

何度も実験を繰り返すうちに回路を作るのに慣れてきた様子。

今後、実験で得られた結果をグラフにして考察します。
17:36 | 理科実験
2017/01/21

高2 化学平衡について

| by:rika
高2化学は化学平衡について学習中です。
今日はルシャトリエの原理を検証すべく、実験を行いました。

二酸化窒素を捕集した注射器を、温水・冷水に入れて色の変化を観察しました。
16:55 | 理科実験
2017/01/21

中2 電流と電圧

| by:rika
中2理科は3学期から物理分野を学習しています。
今回は、豆電球を直列つなぎ・並列つなぎにしたときの、豆電球を流れる電流の大きさや豆電球にかかる電圧の大きさを測定しました。



回路を作るのに作戦苦闘…
少々時間がかかった班もありましたが、どの班も友人と協力し、教え合いながら実験することができました。
16:45 | 理科実験
2016/12/16

高3 アルデヒドの性質を調べよう

| by:rika

期末考査も終わり、高3化学組にとってはこれが高校生活最後の化学実験となります。

今日の授業では期末考査の試験範囲でもあった有機化学の分野から、
「アルデヒドの性質」について取り上げました。

まず、メタノールを酸化してホルムアルデヒドをつくります。


次に生成したホルムアルデヒドを用いて、2通りの方法で還元性の有無を確認しました。
①フェーリング反応

青いフェーリング液はこのあと赤色に変化し、還元性を有することが確認できました。

②銀鏡反応

アンモニア性硝酸銀水溶液を加え加温すると、試験管表面に美しい銀鏡が張りました。こちらも還元性が確認できました。

最後に、アセチル基を検出するヨードホルム反応です。

エタノールとアセトンはヨードホルム反応に陽性であることがわかりました。

高校生活で最後の化学実験のひとときを噛み締めつつ、楽しく取り組んでいました。


18:29 | 理科実験
2016/11/26

高2 反応速度

| by:rika
高2化学は反応速度について学習中。
ヨウ素をビタミンCで還元したものに過酸化水素水を加え、再びヨウ素に酸化されるまでの時間を測りました。

反応するまでに20分以上かかった班もありましたが、皆粘り強く観察していました。
17:25 | 理科実験
12345