Global Eco-Science School 世界につながる 科学する心、表現する力

Otsuma Ranzan Junior and Senior High School

11月3日(土・祝)公開授業研究会【開催報告】

2018年11月3日(土・祝)に開催した、生徒の学びが変わる授業づくり「公開授業研究会2」~アクティブラーニングの取り組みと成果、そしてその先へ~。今年が2年目の開催となり、今年度も多くの皆様にご参加をいただきました。

河合塾教育研究部のご協力を得て、これまで3年にわたり、『生徒の学びを変える』授業力向上のために、全教職員が研修・研究に取り組んでまいりました。自ら取りにいく能動的な学びに変えることが生徒たちのさらなる伸長につながると考え、そのためには学校の授業スタイルをどのように変えていくことが必要なのかを、エビデンスを元に全教職員で改めて考える必要がありました。

この研究の成果により、本校教員の授業デザインが変わる。その授業を受ける生徒たちの学びが、世の中の課題を自分で見つけ、解決する意欲を持ち、アイディアを出し、仲間と協働して行動できる力につながることがこの3年間の目標です。

今回はその研究成果をご覧いただき、皆様と一緒に考え、意見交換を行うことができました。研究にご協力くださいました、桐蔭学園 理事長代理 桐蔭学園トランジションセンター 所長・教授溝上慎一先生、河合塾教育イノベーション本部 教育研究部の成田秀夫先生・教育研究部の皆様、立教大学経営学部 教授 中原淳先生・中原研究室の皆様、協力企業、研究者、出版社等の皆様、本校の保護者様ならびに支援団体の皆様に厚く御礼を申し上げるとともに、当日ご来校いただいた皆様にも、深く感謝申し上げます。

公開授業

基調講演(桐蔭学園 理事長代理 桐蔭学園トランジションセンター 所長・教授溝上慎一先生)

教科別 意見交換会

001
002
003
004
005
006
007
008

総括パネルディスカッション

0001
0002

当日配布冊子

当日配布しました資料は以下よりご覧いただけます。
デザインシートはこちら
配布冊子はこちら