F0D5BEB8-81E3-468A-85C8-A8400B89061B中学1年生が冬の自然観察会に出発しました。ご指導くださるのは、嵐山町のオオムラサキの会(青柳会長)の皆様。今日の目的の2つを確認して、少し寒いですが「大妻の森」経由で、学校近くのオオムラサキの生息地に向かいました。
今日の目的
1 エノキの落葉に附いている幼虫を探して、越冬幼虫に。来年入学する後輩がこの幼虫の羽化を観察するための先輩としてのプレゼント
2 夏の観察会では観察できなかった、冬の里山、川の自然観察
オオムラサキの会の皆さんからは嵐山町の小学生たちが調査した今年の越冬幼虫の情報をいただきました。菅谷小49頭、七郷小4頭、志賀小2頭。このほかに森にはゴマダラチョウ、アカボシゴマダラチョウ、アカスジキンカメムシ、ミスジマイマイなど例年に増してたくさんの昆虫たちも見つけることができたそうです。