Global Eco-Science School 世界につながる 科学する心、表現する力

Otsuma Ranzan Junior and Senior High School

(校長室から)「ホストファミリーはすごく明るくて親切」2570地区ロータリー留学生:メキシコ

メキシコに留学している高2の宮澤さんから8月分の報告が届きました。現地での生活に順応してゆく努力をしている宮澤さんの様子がよく伝わってきます。

1.健康状態  到着から一週間ほどはよく眠れませんでしたが学校に通い始めてからは疲れたのか、よく眠れるようになりました。

2.通学と勉学の状況

8月21日から学校に通い始めました。朝6時半にスクールバスが来るので5時半には起きて準備をしています。私立学校なので教室にはエアコンが備わっていて快適です。まだ授業内容は理解できませんが数学などは日本でいう中1の内容なので数式だけは理解できます。生徒はみんなフレンドリーで何を言っているのかは理解できませんがとてもよくしてくれています。でもやっぱり何もわからない環境なので毎日とても心細いです。

3.家庭の生活

です。英語とスペイン語を交えながらスペイン語を少しずつ教えてくれます。ホストマザーの妹の家族が近くに住んでいてそこに台湾の交換留学生が来ているのでよく二家族でディナーへ行ったり海に行ったりします。その子とは仲が良く、学校は違うのですが、学校が終わるとプールへ行ったり一緒に宿題をしたりします。私がホストファミリーの言っていることを理解できないときは易しい英語にして理解させてくれたりもするとても優しい子です。

4.ロータリーの行事

着いて三日目くらいに一回目の集まりがありました。自己紹介をして一年の流れを説明されてカウンセラーと対面して記念写真を撮って終わりました。それからロータリーの人たちと夕食に行きました。ホストファミリーに送迎してもらって交換留学生だけでご飯を食べに行くこともあります。フランスからきている男の子が帰ってしまうそうで残念です。