衆議院選の公示まであと2日。高校3年生の中には今回の選挙で選挙権を持つ生徒がいます。

これまで高2生以下の生徒たちに対しても、「主権者となる責任」について自覚できるように、町の選挙管理委員会のご協力をいただきながら、模擬選挙の実施や、期日前投票のお手伝いなどで選挙を身近に体験するなど、主権者教育を実施してきました。

国政を担当する議員を選ぶ大切な選挙。まずは各党、各候補者の公約やマニュフェストを読み込み理解し、自らの持つ1票を大切に使うことができるようになることが主権者としての責任。生徒達が、社会にアンテナを立て、誠実な投票行動ができるよう指導していきます。