グローバル・エコサイエンス・スクールを目指す、大妻嵐山の象徴とも言えるサイエンス部。

そのサイエンス部が東京理科大学主催 第10回「坊っちゃん科学賞 研究論文コンテスト」におきまして優良入賞を受賞しました。優良入賞は優れた論文に贈られる賞で、応募総数159件の中から本校が選ばれています。
なお、坊ちゃん科学賞の入賞は昨年に続いて2年連続です。

論文のテーマは『ウミホタルの研究』です。
ウミホタルの研究は、2月に行われた埼玉県理科教育研究発表会で行われたものを論文化したものです。サイエンス部のウミホタル班は中学2年生から2年間の時間を費やして研究を続けてきました。

10月28日(日)に東京理科大学で行われる表彰式に参加する予定です。
サイエンス部、おめでとう!