6月9日(土)本校の第1実験室において、「第2回わくわくワークショップ」を開催しました。今回のわくわくワークショップは「光の三原色で遊ぼう!」と題し、光が無限に変わるLEDを使用した装置を作りました。子どもたちは理科室で白衣を着て、科学者になった気分で真剣に実験を行いました。

始めのうちは、慣れない作業や難しい作業に苦戦していましたが、先生の話やサイエンス部の話をしっかりと聞き、見事に三原色装置を完成させていました。

三原色装置は青・赤・緑の3つの光を合わせることで無限に色を変えることができます。つまみを回すと光の調節ができ、混ぜ合わせることで新しい色の光を作ることができます。子どもたちは何度もつまみを回し、さまざまな色を作り楽しんでいました。

参加してくださった小学生の皆さん、そして保護者の皆様、本当にありがとうございました。

アンケートでお寄せいただいた参加者様のご意見の一部を紹介させていただきます。

  • サイエンス部の方にとても親切に教えていただきありがとうございました。親子で楽しい時間を過ごすことが出来ました。
  • とても楽しかったです。お姉さんたちがとても優しくて勉強になりました。
  • ライトが付いた時は子どもと一緒に感動しました。楽しい時間を過ごせました。
  • 結論あり気じゃなく、検証を行って答えを導くことの大切さを感じました。ありがとうございました。
  • 配線を組むのが大変でしたが、光の三原色が成功して良かったです。絵の具で三色混ぜると黒になるけど、光だと白になるということが分かりびっくりしました。
  • 3つの色が重なったとき、とてもキレイでした。
  • とても面白かったです。実際に基盤や配線を繋いだのは初めての体験で、娘も興味津々に取り組んでいました。サイエンス部のお姉さん方にも、しっかりサポートしていただき、とても頼もしかったです。

第2回わくわくワークショップ風景

04
01

02
03-12

次回開催予告

次回は7月14日(土)開催の『第3回中学校説明会』と『わくわくワークショップ』です。『第3回中学校説明会』は今回の内容と異なり中学生による実践報告(行事)があります!毎年大盛り上がりの『大妻祭』・『体育祭』の様子をぜひお聞きください。

『わくわくワークショップ』は、プログラミング女子になろうです。『プログラミング女子になろう』は昨年も大人気で今年度も2回実施されます。初めてプログラミングを行うお嬢様もご安心ください。本校の先生、先輩が優しくお教えします。自分でプログラムを組んで、いろいろ動かしてみよう!

お申し込みは約1ヶ月前より受付を開始しています。ぜひ、こちらからお申し込みください。