Global Eco-Science School 世界につながる 科学する心、表現する力

難関大学進学指導

最難関大学へ向けた取り組み

学習習慣の確立

  1. 平日中学生2時間、高校生各学年×2時間という家庭学習時間の確保の徹底。学習計画表の利用で生徒自身により時間の使い方を管理。
  2. 総合的な学習の時間や学校行事を利用したキャリア学習や、進路適性検査を通じて主体的な進路意識の醸成をはかる。

進路実現に向けた学力強化

  1. 『難関大学入試問題分析』によって、教員が研鑽を積み、出願から合格までの緻密な個別フォロー体制を整える。
  2. 入試に対応した授業、7限ゼミ・夏冬春期休業中のゼミの実施(無料)、高1~3での各学年で学習合宿(高1-学習習慣の確立、高2-センター試験対策・大妻進学対策、高3-大学受験対策・希望者参加)を実施。

進路意識の啓発向上

  1. 『進路の手引き』を発行。
  2. 学年の進行状況に応じた進路説明会(生徒対象・保護者対象)の開催。
  3. 生徒にとって身近な存在であるOGによる大学入試報告会・大学ガイダンスの開催。最新の大学入試体験談や最新の大学情報を生徒へ伝える。

進路指導

 

© 大妻嵐山中学校・高等学校 All Rights Reserved.