Global Eco-Science School 世界につながる 科学する心、表現する力

Otsuma Ranzan Junior and Senior High School

「大妻祭」終了。2日間で、2,214名が来場。

2016年度、第47回「大妻祭」の2日間が無事に終了しました。
天候にも恵まれ、午前中から大勢の方がご来校くださいました。本当にありがとうございました。

今年の「大妻祭」はいかがでしたか?
大妻祭実行委員会のメンバーを中心に、華やかな催し物や演出はもちろん、日本の文化や伝統、さらには、世界を感じることができる展示や取り組みなども数多くあり、来校された方にとっても、様々なや気付きや学びがあった文化祭になったと思います。

たとえば中学1年は、国蝶オオムラサキの生態について、パワーポイントを使ってプレゼン資料を作成。グラフや写真などを用いてわかりやすく発表し、さらには、クイズ形式で理解を深める工夫をするなど、趣向を凝らした展示をおこないました。

 

 

 

 

 

 

また、オーストラリアやイギリスへの語学研修に行った生徒たちによる展示コーナーでは、研修地での学習風景や現地の様子などが動画や写真で紹介されており、日本に居ながらにして世界を身近に感じることができる内容でした。

 

 

 

 

 

 

他にも、書道や茶道、華道など、日本の歴史や伝統に触れられる催し物や展示もあり、日本の文化や自然、そして、世界を肌で感じることができる2日間となりました。

 

 

 

 

 

 

今回の大妻祭で生徒一人一人が取り組んだすべてのことが、それぞれの将来に向けての表現力やプレゼン力につながり、自ら考える力やコミュニケーション力につながり、そして世界へとつながっていきます。生徒自身にとっても、たくさんの感動と経験と学びを得た文化祭になりました。

なお、本日の来場者数は1,511名で、2日間の合計は2,214名となり、過去3年間で最多の来場者となりました。
足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

大妻祭ブログはこちら

大妻祭1日目の様子