Global Eco-Science School 世界につながる 科学する心、表現する力

Otsuma Ranzan Junior and Senior High School

すべて英語で! 中学「イングリッシュ フェスティバル」開催報告

2月22日(水)、国立女性教育会館(ヌエック)講堂において、大妻嵐山中学校「イングリッシュ フェスティバル」を行いました。

このイングリッシュ フェスティバルは、アクティブラーニング型学習の一環として中学の英語力を高めるために開催したもので、中学1・2年生は英語劇、中学3年生は英語によるプレゼンテーションをそれぞれ行いました。

劇中のセリフや、プレゼンの発表はもちろん英語で。その他、来場者向けのしおりや、司会進行の生徒のアナウンスもすべて英語と、“イングリッシュ フェスティバル” の名にふさわしい内容となりました。

中学1年の英語劇「The Sound of Music」では、次から次へとシーンが変わりながらも、軽快な動きや一体感のある歌声で、テンポよく物語が進んでいくのがとても印象的でした。

また、中学2年の英語劇「Bedtime Stories」では、シンデレラや白雪姫など数々のおとぎ話を上演。メリハリのある動きや英語のセリフはもちろん、色鮮やかな衣装や手作りの大道具・小道具なども、さらに英語劇を盛り上げていました。

そして、中学3年は “訪れたい場所” をテーマに、タブレットを用いて各自で準備した写真やイラスト等が盛り込まれたスライドを紹介。多くの観客、大きなスクリーンを前にしながらも堂々と、さすが3年生と思わせる魅力溢れるプレゼンテーションを行いました。

役を演じることも一人でプレゼンをすることも、日本語ですら難しい中で、英語のセリフや原稿を覚えるために必死に練習した成果を、一人一人が充分に発揮することができたと思います。

普通の授業ではなかなか得られない貴重な体験と、みんなのパワーと思いが溢れたイングリッシュ フェスティバルとなりました。
ご来場くださった保護者の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。