Global Eco-Science School 世界につながる 科学する心、表現する力

Otsuma Ranzan Junior and Senior High School

コタカ先生を偲ぶ日

本日朝、高校生徒会長柿沼さんによる全校放送集会が行われました。
全文ををご紹介いたします。

みなさん、ごきげんよう。

今日からちょうど1か月後の1月3日は何の日かご存知でしょうか?1月3日は私たち大妻学院の創立者大妻コタカ先生の命日です。本校では1月3日は冬期休業中のため、1か月前の今日、12月3日にコタカ先生を偲ぶ日としております。
shinobuhi朝、スペイン階段を見ていただけたでしょうか?
あ れは、少しでもコタカ先生に親しみを持ってもらいたい、そして、みなさんに12月3日はコタカ先生を偲ぶ日なのだということを少しでも意識してもらいた く、私たち生徒会が考えたものです。正直、偲ぶ日って何なのと思っている人もいると思います。1年前は私もそう思っていました。ですが、1年たった今、皆 さんに語りかけるためには、まずは自分がコタカ先生を知らないと思い、コタカ先生を紹介した本である『教えの道をひとすじに』をもう1度読んでみました。その本を読み、コタカ先生の一生を知ったことで私が皆さんに伝えたいことがあります。

025_恥を知れ0450大妻_R

まず、校訓である「恥を知れ」についてです。みなさんは本来の意味を知っているでしょうか?コタカ先生は生前このようにおっしゃっていたそうです。「恥を知れという言葉は決して他人に対して言うことではない。あくまで自分に向かって言うことだ。聞かれて恥ずかしいようなことをしたかどうか自分を戒めることだ。」
この教えは常に自らの言動を反省して、幾多の困難を乗り越えてきたコタカ先生の一生を貫いた信念であるのです。みなさんの言動はどうでしょうか?恥じない行動はできていますか?今日を機に1度振り返ってみられるといいですね。

次に「らしくあれ」についてです。
「らしくあれ」は「学生は学生らしく、娘は娘らしく、社会人は社会人らしく」な どと一貫して呼びかけた教えです。コタカ先生は生徒たちをみな娘だと思ってくださっていました。娘たちには人間らしい人間、女性らしい女性、そしてあくま でも自分らしい個性をもった自分を養い育てたいとおっしゃっていたそうです。それは昔も今も同じに思ってくださっていると思います。大妻学院の学校に通っている生徒は皆、コタカ先生の娘なのです。だから、私たちはコタカ先生の意思を受け継ぎ、将来世界で活躍できる女性に成長しなければなりません。そのために自分らしい個性をもった自分を意識し、日々生活していってほしいと思います。

20_0570大妻_R最後になりますが、コタカ先生がこの大妻学院を作り上げていくまでには、いろいろなことがありました。いくつもの逆境を乗り越えて素晴らしい学院を作り上げ てくださいました。私たちが今こうして楽しく学校に通えているのはコタカ先生のおかげなので、特に今日1日はそれを頭に入れてしっかりと勉学に励んでもら いたいと思います。それでは、今日も1日がんばりましょう。