Global Eco-Science School 世界につながる 科学する心、表現する力

Otsuma Ranzan Junior and Senior High School

ネットコモンズカンファレンス2017

2017.08.22

校長室から

ネットコモンズカンファレンス2017
22日午前中、新井紀子先生のお話を聞きにネットコモンズカンファレンス2017(一橋講堂)に参加しました。(午後からは立教新座高校で開催された埼玉県私学協会理科研究部会研修会へ移動)東ロボプロジェクト(人工知能ロボットを東大に入学させる)の成果として、子供達が文章を読めていないのではないかとの危機感から、新井先生が取り組んでいらしゃる「リーディングスキルテスト」も、今年から学校で実施し、生徒たちの読み取る力を客観的に把握しています。今年のカンファレンスの主題はセキュリティ。午前中はGoogleクラウドジャパンの水江さん、NTTテクノクロスの星さんも参加したセッションになりました。
午前中のお話をメモします。
1開会挨拶:国立情報学研究所社会共有知研究センター長の新井紀子先生の話 ・東ロボの成果として行き着いたこと:将来はAIと人が協調して色々なことをやる社会に ・Researchmap(JST)のベースをネットコモンズに ○ネットコモンズ3は・セキュリティとサステイナビリティ ・効率性 ・1つのバージョンにしたい、あとはクラウドでサービスして自動でバージョンアップできるように ・SDgsサステイナブルシステム・・5000の機関が使っているものが、セキュリティのバージョンアップ、メンテナンスができないことになると困る ・共有知をメンテナンスするために、皆さんそれぞれが自分は何ができるかを考えて欲しい
・昨日8月21日ネットコモンズ3の最新版公開 ⭐新井先生がTED でスピーチ8月31日公開
2googleの考える情報セキュリティ:グーグルクラウドジャパン合同会社カスタマーエンジニア水江氏 ・googleクラウドとは :グーグルクラウドプラットホーム ・なんのために必要か・・データがどんどん増えている 分類分析ができていない ・最近はビックデータの活用が考えられている ・データを防衛する・・セキュリティの問題 :セキュリティへの取り組み :Saasベースで提供・・クラウドを使って効率的に *午後のワークショップでgoogleとネットコモンズの連携について話す
3 サイバーセキュリティトレンド2017:NTTテクノクロス株式会社クラウド&セキュリティ事業部担当部長 星氏 ・IPviking :どれくらい攻撃が起こっているのかがわかる ・利用可能性を維持し続けることが大変になってくる・・事業を止めさせてしまうほどの攻撃 も起こっている・急増するランサムウエア ・アウトソーシング・・・日本セキュリティオペレーション参照 ・変化する要件に対する継続的なセキュリティの確保が重要 ・ビットフォレスト の資料・各種の情報はサイバーセキュリティトレンドサイトからダウンロードできる
4ネットコモンズ新規事業について:ネットコモンズ理事 永原氏
5Netcommons2.0から3.0へ:ネットコモンズ理事 寺口氏