Global Eco-Science School 世界につながる 科学する心、表現する力

Otsuma Ranzan Junior and Senior High School

大妻嵐山中学校「音楽会」開催報告

11月12日(土)、大妻講堂(大妻女子大学/千代田区)において、大妻嵐山中学校「音楽会 ~親と子の講演会~」を開催しました。都内での開催にもかかわらず、保護者様をはじめ大勢の方々が足を運んでくださり、本当にありがとうございました。

午前中は、各クラスに分かれての合唱コンクールと、演奏家の皆さんによる女声3部合唱とパイプオルガン演奏を行いました。開演前の発声練習のときには、大妻講堂の大きさやパイプオルガンの荘厳さに圧倒され、少し緊張気味だった生徒たちも、いざ本番になってステージに上がると表情も真剣になり、指揮者を筆頭にクラスのみんなで練習した成果をここで発揮するんだという気持ちが、歌声とともにホール全体に響き渡っていました。

午後からは、池上清子氏(日本大学大学院教授)を招いての「親と子の講演会」を開催し、発展途上国の子供たちやその現状などについて学びました。生徒からの「発展途上国の子供たちに、私たちは何をしたらよいですか?」という質問に対して、池上先生は、「まずは、自分たちの暮らしとの違いや貧困の状況などを “知ること”、次に、自分が気になったテーマや興味を持ったものを “調べること”、そして、ボランティア活動に参加するなど ”動くこと”の3つを意識して取り組んでほしいと話していました。