Global Eco-Science School 世界につながる 科学する心、表現する力

Otsuma Ranzan Junior and Senior High School

教員向け アクティブラーニング研修を実施

8月3日、本校の教員を対象に、アクティブラーニング研修を実施しました。

———————————————
アクティブラーニングとは、教員が一方的に教えるのでなく、子供たちにグループで議論などをさせて、自ら考える力や表現する力を育てる学習方法で、4年後(2020年)に始まる学習指導要領では全教科に取り入れられます。
———————————————

3回目となる今回の研修では、アクティブラーニング型の授業について、導入事例などを参考にしながら、具体的にどのように授業に取り入れていくかについて学びました。

また、教員同士でグループワークを行いながら、どんな点に注意し、どのような流れで授業を進めることが生徒にとってより分かりやすく、理解しやすい内容になるのかなどについて学びました。

アクティブラーニングの鍵を握るのは、“教員”と言われるなか、本校では時代の要請に応え「世界につながら 考える力、表現する力」を掲げて、教職員一丸となって取り組んでいます。

■講師:河合塾・教育イノベーション本部 成田秀夫氏