Global Eco-Science School 世界につながる 科学する心、表現する力

Otsuma Ranzan Junior and Senior High School

(校長室から)大妻祭 嵐山カンタービレ

大妻祭2日目 嵐山カンタービレ

1日目のカンタービレにさらに出演者が加わりカンタービレが開催されました。たくさんの来場者の皆さんに聞いていただきました。

佐々木先生「ハープと、箏と、シタールと、ピアノと、合唱」こんなワールドワイドのカンタービレが開催できたのは素晴らしいことです。」

7 中2田幡さん<ハープ独奏>

「3つのやさしい小品(trius petite pieces)」作曲 アッセルマン

田幡さん「自分なりの演奏ができるように頑張りたいと思います。」

8 高3 ソプラノ 中村さん(サイエンス部)、メゾソプラノ 田中さん(サイエンス部)、アルト 吉野さん(ハンドボール部)<3部合唱>

「パート・オブ・ユア・ワールド」 作曲:メンケン

「ハナミズキ」 作詞:一青窈 作曲:マシコケンタロウ

高校3年生の3人が、素敵なハーモニーで歌ってくれました。

3人から「「パート・オブ・ユア・ワールド」はミュージカル「リトルマーメード」の最初にアリエルが歌う曲、セリフが出てくる楽しい曲。ハナミズキも心を込めて歌います。」

9 高1 加賀田さん <ピアノ独奏>

「ソナタ 第11番 イ長調 K.331 第2楽章」作曲:モーツアルト

加賀田さんから「初めての参加でとても緊張していますが、ベストを尽くしたいと思います。がんばります。」

10 メイ先生(英語)<シタール独奏>

「ラーガ ベヘルウィ」インド古典音楽

今日の曲は、女性的な、朝の曲です

290910

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大妻祭1日目 嵐山カンタービレ

昨年の11月から始まった「嵐山カンタービレ」も今回で4回目。今回はピアノでの参加者に、コーラス部の合唱(お箏の西澤先生と)、箏曲、シタール、大妻嵐山ハレルヤ合唱団も加わり、華やかなステージになりました。

芸術と文化の香りが流れ、構成する生徒や先生、関係の人たちが自分の積み上げてきたものを披露できる空間が存在する学校はなんと素晴らしいのでしょう。

1)コーラス部<箏の伴奏による女声3部合唱> 箏:西澤園茜(悦子)先生、ピアノ:佐々木祐子先生
「花」 作詞:武島羽衣 作曲:滝廉太郎
「荒城の月」 作詞:土井晩翠 作曲:滝廉太郎
「浜辺の歌」 作詞:林古渓 作曲:成田為三
日本の歌をお箏の西澤先生との練習の成果がよくわかる美しいハーモニーで歌いました。

2)賛助出演 山田流山川派師範 西澤園茜(悦子)先生<箏独奏>
「日本の城」 作曲:山川園松

大妻学院から生徒たちにいただいた6面の箏を使って、3年前から3月に中学生の音楽の時間でお箏の授業が始まりました。西澤先生にはその時からご指導いただいています。山田流山川派の師範として大学や様々な方を対象にご指導なさっている西澤先生の素晴らしい、素敵なお箏の演奏を聴かせていただきました。

西澤先生から「歴史の流れの中にあった日本の城、その風格や威厳、重々しさを箏の演奏で表現できたらと思います。作曲者山川園松は、3歳で目が不自由になるという人生を送りましたが、親しみやすくきれいなメロディーの新曲を発表し日本音楽に寄与しました」

3)中2 工藤さん<ピアノ独奏>
「革命」 作曲:ショパン
「スケルツオ第2番」から「革命」に変更しての演奏、見事に弾きあげました。

4)高1 小倉さん、田中さん<ピアノデユオ>
「シング・シング・シング」作曲:ルイ・プリマ
小倉さん、田中さんから「連弾でJAZZを弾きます。この曲は初めに特徴的なリズムがあるのでノリやすく、また曲調がコロコロ変わるので、そこも楽しんいただけると嬉しいです。練習時間が少ない中で頑張りました。」
高校生らしい、センスある選曲と演奏でした。

5)メイ先生<シタール独奏>
「ラーガ・ヤマン」インド古典音楽
メイ先生は「このシタールを大妻嵐山の皆さんに紹介したい。」と考えて参加してくださいました。
I wanted everyone ay Otsuma Ranzan to listen to this instrument.
I hope you enjoy it and interested in this insutrument.

6)大妻嵐山ハレルヤ合唱団(教員有志)<混声4部合唱>
オラトリオ“メサイア”より 「ハレルヤ」 作曲 へンデル
ソプラノ 奥泉先生(国語)
アルト 新井先生(社会)
テノール 伊藤先生(社会)
バス 福島先生(英語)
伴奏 佐々木先生
賛助出演 ソプラノ 福島さん

100名以上で歌うハレルヤを福島先生の奥様も加わりカルテットで演奏してくださいました。素敵なハーモニー、思わず一緒に歌いそうになりました。いつか生徒たちの大合唱が聞ける日が来るかもしれないと思いました。

・司会 高3 中村さん
紹介原稿は全部自分で調べて作成。よく通る気持ちの良い声で、会を盛り上げてくれました。明日は歌で登場してくれるそうです。