Global Eco-Science School 世界につながる 科学する心、表現する力

Otsuma Ranzan Junior and Senior High School

【開催報告】第15回嵐山カンタービレ(動画あり)

6月18日(金)に、本校・小講堂において「第15回嵐山カンタービレ」を開催いたしました。

今回の演奏は、ヴァイオリン独奏1名、ピアノ独奏7名、ハープ独奏1名の計9名が登場しました。以下に、出演者の思いをご紹介します。(演奏順)

ヴァイオリン独奏
■中学 1年 M・S「24のカプリース」(パガニーニ)
この曲は、今年度の「全日本学生音楽コンクール」の予選課題曲にもなった曲です。それなりの難曲ですが、自分が成長できるといいと思いこの曲を選びました。

ピアノ独奏
■中学 3年 H・M「ソナチネ第一楽章」(ラヴェル)
練習を頑張りました、聴いて下さい。

ピアノ独奏
■中学 3年 N・K「花のワルツ」(チャイコフスキー)
練習を頑張りましたので、聴いて下さい。

ピアノ独奏
■高校 1年 K・M「前奏曲とフーガニ長調BWV850」(バッハ)
テンポが速く楽しい曲です。右手の音符が多いので間違えないようにしたいです。

ピアノ独奏
■高校 1年 M・H「革命のエチュード」(ショパン)
今回が初めての出場なので、少し緊張しています。しかし、全力で楽しんで演奏したいです。

ピアノ独奏
■高校 1年 Y・K「『君の名は』より『スパークル』」(野田洋二郎)
この曲は私が中学2年生の頃から弾いている思い出のある曲です。しかし当時の私はこの曲を最後まで演奏することができませんでした。是非、曲の終盤のさびに注目してお聴き下さい。

ピアノ独奏
■高校 3年 Y・K「樅の木」(シベリウス)
この樅の木の作曲者はフィンランド出身です。樅の木と聞くと冬を想像すると思いますが。夏に冬を想像出来る曲を弾くのは初めてですが、みなさんに音の強弱や音色で、すてきな樅の木をお届けします。是非、聴いて下さい。

ピアノ独奏
■高校 3年 H・T「ワルツ7番」(ショパン)
この曲は、テンポが速いところと遅いところがあります。苦労したのは、強弱をはっきりさせることとゆっくり弾くことです。一生懸命練習したので是非聴いて下さい。

ハープ独奏
■高校 3年 M・T「幻想曲」(サン・サーンス)
今回、演奏する曲は、私が小学生の頃にハープ演奏会で聴いて「いつか絶対に弾いてみたい」と思っていた素敵な曲です。難しいテクニックが沢山ありましたが積み重ねてきた練習の成果を発揮できるよう頑張りたいです。

演奏者の皆さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。

次回の「第16回嵐山カンタービレ」は、9月11・12日に開催される大妻祭(文化祭)での実施を予定しております。お楽しみに!